田舎暮らし de 東京仕事 ホーム »   猫 腎不全 »セカンドオピニオンを終えて_猫の腎不全

セカンドオピニオンを終えて_猫の腎不全  

しばらく間が空いてしまいました・・・・(;´Д`)


先週末に、無事にセカンドオピニオンを済ませてまいりました!

でも、さすがに赤坂は遠く。。。。。。

朝7時出発の、帰宅は夜8時・・・・。

ちょび氏共々、我々もぐったりしてブログを書く気力すらなかった・・・。


 


しかし、いろいろなことが分かりました。



腎不全と言われたちょび氏の腎臓・・・・どのくらい機能しているんだろう・・・?


それを調べる手段は、尿比重。

近くの病院では、なぜか尿検査をしてくださらず、

血液検査だけで腎不全だと言われたのです。


で、スタッフさんのたくさんいる病院で、やっと尿検査。

もちろん膀胱穿刺で新鮮な尿を迅速に調べてもらいます。

近所のかかりつけ病院が尿検査をしたがらない訳も少し教えていただきました。

一人の先生では大変~ってことなんですって。


 


そしてわかったことは・・・・。


 


ちょび氏の腎臓、まだ25%くらい機能しているらしい。


 


25%って聞くとびっくりしますが、

猫の腎臓って、1/3が機能していれば、通常の生活ができるそうな。

逆に言えば、ちょび氏のように1/4にならないと症状は出てこないのかも。


この25%機能している状態は、腎不全というより、腎不全一歩手前の状態ってことらしい。

その話を温和な先生がにこやかに説明してくださった時には、

もう天国にいるような気分でしたわよ。


ただし、このまま今の生活をつづけたら・・・・・。

残った25%の腎臓はフル稼働で、どんどん機能しなくなるだろう。

なので、まずやらなくてはいけないのは、食事の改善!


腎臓があまり働かなくていいよう、リンの少ない食事を食べさせること。

あと、食べない=体力が落ちる=腎機能弱まる。

しかし、リンの少ない食事はあまりおいしくないらしく・・・・・。

食べたがらない時はとにかく何でもいいから食べさせる!

ちょび氏、デブでダイエットしろって言われてましたけど・・・・。


「全然太ってませんよ~~

この子は骨格がしっかりしているから、どんどん食べていいです!!」


ヽ(゚∀゚)ノ


ちょび氏、よかったなぁ~~~(デブじゃないけど、もっちり君)


でも、リンは体にはよくないんじゃ?

その腎臓で処理できないリンを流すのが水だそうです。

水をたくさん飲んで、たくさん排出することがいいらしい。


後は皮下輸液&静脈輸液


食欲が落ちたら、すぐに病院で静脈輸液

今の状態でも、3日くらい続けて静脈輸液をして流したら、

血液検査のBUN(尿素窒素)とクレアチニンは正常範囲内に戻るんじゃないかと。


一度試してみようかな・・・・。

自宅でやる皮下輸液も効果が見込めるらしい。


 


今のところ、ちょび氏はよく水を飲むので、

今後かかる主治医の先生と相談しながら、前向きにやる方向で考えています。


 


今回の病院では、午前中にちょび氏だけ預けて、

徹底的に検査してもらったのち、担当医と超有名医師と面談がありました。

診察室は3つしかないのに、私たちが遠方からきているからなのか、

1時間以上、診察室を貸切状態で、いろんな病状の説明のほか、

皮下輸液のやり方、(実際にやらせてもらった)。

食欲のないときの高カロリー食の強制自給のやり方。

自宅近くの病院でこちら先生と連携してくれそうなところの検索など。

本当に頭が下がるほど丁寧に見ていただき、指導してもらいました。


1日がかりでの移動で、ちょび氏の負担がすごく気になったけど、

行ってよかったと思っています!!






ちょび氏・・・・・・・

午前の診察の後、結果が出るまでバックヤードのどこかに置かれていたらしいんですけど、


 


「この子、かわいいですね~~、ちっちゃい声で鳴いてました」

って女医さんに言われてたw


 


(;´∀`)

体に似合わず、かわいい声なんですよw

心細かったのよね。


 


先生たちの診察が終わったら、そそくさと台から降りて膝のり。


田 舎 暮 ら し de 東 京 仕 事


そりゃ、不安だったでしょう。

でも、よく頑張りました!!


最後に、病院の先生からよく頑張ったチーフを巻いてもらい記念撮影!


田 舎 暮 ら し de 東 京 仕 事


あら?後ろ向いてますけど?(;´Д`)


その後看護婦さんにちゃんとかわいく撮影してもらいましたw

この病院の方針で、来た子は全員写真を撮るらしいよ。

カルテに、飼い主と一緒の子を張っておくのかも・・・?


これだけ混んでいたら覚えるのも大変だから、それも一理あるかも。


 


そして、もう一つ、今後外科手術が必要になるかもしれないという、

結構な大きさの石も発見!!(;´Д`)

腎臓にストラバイトではなさそうな、シュウ酸カルシウムの結晶らしきもの。

そしてそれがいくつかはがれおちて、膀胱内にもあること。


もしかしたら、ちょび氏の腎不全は、この結晶が尿道に詰まり、

腎臓を壊したのかもしれないと。


ストラバイトは溶かして出すことはできても、

シュウ酸カルシウムの石はできてしまったら取り出すのは外科手術しかない。


今後はちょび氏がトイレに行ったらストーカーのように覗き見て、

たくさん出てるかどうか確認しなくては!

もし、量が少ない、頻尿、血が混ざる、ような症状が出たら、

即刻病院で手術になるかもしれません。


 


今まで、病院に行くことでストレスを与えるのを避けてきた結果、

健康診断を怠ってきた私たちが悪いんですが、

これからは血液検査、尿検査は定期的に見ていかないといけない。

静脈輸液などはどこの病院でも大丈夫らしいので、

行き来や時間を考えると近い病院がいい。

でも、検査、手術はある程度の機材とスタッフのいる病院。


田舎に住むということは、病院も使い分ける&飼い主も勉強が必要だということね。


 


ちょび氏が手遅れになる前に見つけられたのはよかった。

改善されるかどうかはまだわからない。(今朝も吐いたし)

でも、セカンドオピニオンを受けたことにより、

何をしなくちゃいけないのか、よく学びました。


 


田 舎 暮 ら し de 東 京 仕 事


病院から4日経過しましたが、少しずつではありますが、

食欲も戻りつつあります。

小さいお皿にスプーン一杯程度のいろんなフードを、

ずらっと並べて、「さぁさぁ、どれでも好きなものをどーぞ!!」

的な、小皿料理店風にやってますw


一番人気は、



少量しか食べられなくても、高カロリー。

もちろんphコントロールしてくれる食事です。



これもよく食べてくれます。



一番具合の悪いとき、よく食べてくれた。

最近は今一つだけど・・・。


その他にも3種類くらい、その日の気分で小皿料理店メニューいろいろ変えてやってます。



$田 舎 暮 ら し de 東 京 仕 事


で、なんでしま君が食べてるんだって話は、スルーでお願いします(;´Д`)

ちょび氏が食べなかったものは、この子が喜んで片付けてくれますw


 


 


 


膵炎の可能性もあるので、その検査結果が出次第、

ご紹介いただいた病院で長いお付き合いになる予定です。



赤坂の病院、とても素晴らしい先生たちで感謝です。

ご紹介してくださったWさん、ありがとうございました。

その他にも、同じ病気で今年猫さんを亡くしたばかりの方からも、

たくさんフードがあるからお送りしたいとか、

本当に心温まるメッセージをいただきました。

ありがとうございました。

ご心配頂いて、いろいろ情報提供してくださった方々、

本当にありがとうございました。


ちょび氏と私たち、これからも頑張ります!!


 



 


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ←台風の避難とガード、午前中にやりましたぁぁぁ

 









スポンサーサイト

category:   猫 腎不全

コメント

1 ■良かったですね。

すごいですね、今時の動物病院って。
田舎じゃ人間だってこうまで診察してもらえないかもしれない^^;
納得できる説明と対処方法を聞かれて、お気持ちが落ち着いた様子がありありと伝わってきます。
それが何より一番、とお慶び申します(^^)v

karamatu #79D/WHSg | URL
2013/10/15 11:22 | edit

2 ■無題

良かった良かった。

うちのも片方は7kgぐらいありますが、さすがに素人では骨格までは分からないですよね…

定期的な診断の大切さを痛感しました!

こっちぃ #79D/WHSg | URL
2013/10/15 13:43 | edit

3 ■お疲れ様です!

セカオピお疲れ様でした!

尿検査してなかったんですね。
先生ひとりでも、穿刺は難しくても圧迫採尿はできると思うんですが……。

いずれにせよ25%の機能は残っているようで、よかったですね!

シュウ酸カルシウムの結石の大き目のがあるとのこと。
シュウ酸のは溶けないため、この先も小さくなることはないので、もし自然排出は難しそうなサイズなら、先生と相談して、体力がある時に手術して取っちゃう方が得策かもしれません。

それにしても丁寧な対応をしてくださる病院で、本当によかったですね!

きつね #79D/WHSg | URL
2013/10/15 15:23 | edit

4 ■無題

評判になるだけあって頼りになる病院だね。
検査をしたうえでのいろいろな説明だと
納得もできるししっかりと考えられるものね。
ちょび氏もはじめさんご夫婦もお疲れさまでした。

てらみ #79D/WHSg | URL
2013/10/15 23:57 | edit

5 ■無題

お疲れさまでした!
いろんなことがはっきりわかってよかったですね。
やっぱり飼い主にとっていちばんつらいのは「何が起こってるんだ!?」ってわからないこどだから。
しかも、腎不全も重症じゃなかったし!
本人、水もどしどし飲んでるのなら(ヘルシーボウル効果?)かなり安心なのでは?

うちはもう一週間ぐらい皮下輸液やってるんですけど、私がすごく不器用なせいか毎日ビショビショになってます。
獣医にならなくてよかった。なれるわけもないが。。。

ginfoo #79D/WHSg | URL
2013/10/16 10:26 | edit

6 ■karamatuさん☆

ここは特別なのかもしれないですね。
都会だとこういう病院が近くにあってうらやましい。

今はほっとしつつも、毎日観察の日々です
ご心配おかけしましたが、ありがとうございました。

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2013/10/16 11:40 | edit

7 ■こっちぃさん☆

ほんと、よかったです!

7キロ!!??
それもすごいなぁ~~

定期健診、大事です。(;´Д`)
身をもって体験しました。

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2013/10/16 11:42 | edit

8 ■きつねさん☆

そーなんですよ。
尿検査しないのか何度も聞いても、
「したかったらやってもいいですけど・・・・」みたいな。
やっぱ、膀胱穿刺でないとちゃんとした数値が出ないけど、
自信ないんだろうなぁ~。
あと、圧迫することで、別の病気になることもあるらしいので、それも知っているんでしょう。
自信が無いことはやらないというのは正しいんだとは思います。
田舎だと、こんな感じなんでしょうね・・・・・

シュウ酸カルシウムの結晶、やっぱ、早めに取るべき??
今度かかる病院で、さっそく相談してみます!
これ以上、腎臓に負担をかけたくないですしね。
いつもいろいろありがとうございます!!

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2013/10/16 11:46 | edit

9 ■てらみさん☆

そーなんですよ。
Wさんの、ここは絶対間違いないとお墨付きで。
最後に膵臓の結果がちょっと心配だけれども、
今のところ、ご飯も食べてくれてます!

てらみさんのところのように、
近くにいい病院があればなぁ~とつくづく・・・。

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2013/10/16 11:48 | edit

10 ■ginfooさん☆

ほんとに。
いろんなことが分かったのが一番です。

ヘルシーウォーターボール、どうですか?
うちはみんなよく飲むけど。

皮下輸液、もう始めたんですね!!
私、まだキットも準備していないし。
病院ではシリンジを押しただけだし、不安~~

ちょび氏も病院みたいにじっとしているかどうかも怪しいし・・・・

びしょびしょになっても、少しずつうまくなって、
少しでも良くなるなら頑張るしかないね!

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2013/10/16 11:51 | edit

11 ■無題

食欲があるのはいいですね!
うちの子は、腎臓サポートで数値が改善しました。療法食に飽きたら好きなもの食べさせてあげてくださいね。リン値気にするよりカロリー摂取優先で!
尿検査は、自宅で採尿して持って行ってみては?うちはトイレで用足し中に使い捨てのレンゲで直に採尿して、使い捨ての醤油入れ(魚の形とかのアレ)に移して病院に持って行って検査してもらってました(どちらも100均で購入)。看護師さんに笑われましたけどw

monyo #79D/WHSg | URL
2013/10/17 02:57 | edit

12 ■monyoさん☆

えーーー!!
食事だけでも数値が改善されるんですね!
腎臓サポートスペシャルは時々食べてくれます
でも、食べたいものを食べたい時にを気をつけますね。

尿検査、レンゲで自家採取!!
それは思いもしなかったな。
今度チャレンジしてみます!

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2013/10/17 10:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inakadetokyo.blog.fc2.com/tb.php/753-e1f9595c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

▲ Pagetop