田舎暮らし de 東京仕事 ホーム »   不動産売却 »売りに出していいものか?

売りに出していいものか?  

思い立って2日で売りに出すことになったマンション。

しかし、心のどこかで迷いがある。

もし、店子さえ付けば、年間ある程度の収入源になる。

家を買おうと思わなければ、特にまとまったお金が必要というわけでもなく・・・

そんな気持ちを察してか、

O不動産の担当者は、

「賃貸も募集して、先に決まったほうにすればいいじゃないですか」

どうやら、O不動産の人は、あっという間に売れると踏んでいるらしい。


そううまく行くなら、どっちに転んでもいい。


ただ、気になったのは、

どたばたで専任契約を結んでしまったが、

その際に、専任専売、専任、一般と3種類の契約があることを、

一切説明しなかったO不動産。



違いはというと、

専任専売:契約を結んだ一社のみが扱える。オーナーが連れてきた客もNG

専任:3ヶ月間、契約を結んだ一社のみが扱えるが、オーナーの知り合いや紹介もオッケー

一般:どの会社が扱ってもいい。


簡単に言うとこんな感じ。



じゃ、どれがいいの?っていうと専任専売のメリットはよくわからん。

専任と、一般の違いは、



専任:一社のみが扱えるので、安心してお金をかけて宣伝広告が出来る。
   が、窓口は一社のみとなる。
   時間がかかっても、高く売りたい人向き。

一般:いつどの業者で契約が決まるかわからないため、
    不動産屋がお金や時間をかけて宣伝してくれない。
    しかし、窓口は広くなる。
    安くてもいいから、早く売りたい人向き



ということらしい。


うちが結んだのは、専任契約。

売りの場合、もっとも一般的な契約法で問題は無い。

問題なのは、契約種類の説明の義務をはたさなかったことだ。

うーーーむ。

ドサクサとはいえ、ちょっと不信感が無いわけでもない。

まだ売りなのか、貸しなのか、気持ちもぐらついていたし・・・


また、一軒には店子が付いている。

O不動産は、店子付物件は今のご時勢「売れない!」ときっぱり。

はなから売る気は無いようなのだ。

私としては、一軒だけ売れたとしても、

そのお金の使い道が無いし・・・(家を買うには足りない)

2軒とも売れて、初めて「次どうしよう?」って思えるわけで。

その2点のみ、ちょっと複雑なまま、物事は進行していく。



さて、売り出してから4日目。

O不動産から早速電話がある。

「今日、案内したお客さんが、気に入ってくれて、週末に旦那さんを連れて見に来ます」

おーー!!

仕事、速いじゃないか!

自信満々なだけのことはあるね。

これで決まってくれたら、後は、店子付物件をどうするかな?


などと、都合のいいほうに考え始めるのである。

売りに出して、1週間後の日曜日。

またまた事態は変化する。




にほんブログ村 住まいブログへ ←押してみる!?
スポンサーサイト

category:   不動産売却

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inakadetokyo.blog.fc2.com/tb.php/6-0efebb7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

▲ Pagetop