田舎暮らし de 東京仕事 ホーム »   不動産購入 »マンションの抱き合わせ?!

マンションの抱き合わせ?!  

マンションを探し始めてすぐに、

自宅近くの、デザイナーズマンションで、 1Kの売りが出ていた。

費用は、問題無く買える金額。

そのマンションのいいところは、一般のハーモニカ型とは違い、

2軒づつの独立タイプ。

要は、隣り合った部屋は、一軒しかないのだ。

ということは、すべての部屋が角部屋で、窓が多いってことになるね。


戸数も、少なからず多からず、

管理人さんが常駐していて、とてもきれいだ。

エントランスの丸い空間の大理石が、ピカピカに磨き上げられている。

駐車場に止まっている車が、またなんとも個性的。


アルファロメオ、BMW、ローバー、MG・・・etc


ここに住む人たちが、何を楽しんでいるか、少しわかる。


 


さて、マンションなんて、買ったことにない私は、

ものすごく気に入ったものの、「ハイ(´∀`∩ 買います!」

ってすぐに挙手していいものか?

多少の値引き交渉はしていいものか?

その辺がわからずに一回持ち帰る。


で、3日後に、やはり買おうと決めて不動産屋に電話する。


 


「あっ、あの物件はあのあと、満額で売れちゃいました。」


 


 


Σ(゚д゚ll)


 


・・・・・そーなんだ・・・・。

マンション買うのも、賃貸と同じように、

いいと思ったら挙手しないとダメなんだね・・・・・。


超残念~~~~。(´・ω・`)


 


 


それから一ヶ月ぐらい、都内から、自宅近所まで探してみるものの

「これは!!」という物件がなかなかでない。


そして新聞広告で見た、T不動産屋に何か無いかと見に行く。

色々見せたもらうが、やっぱ、なんか違うなぁ・・・・・・。

と思っていたところに、

「条件はちょっと合わないですが、こんなのもあるんですよ。」



とT不動産が出してきたものは・・・・・


 


最初に見た、デザイナーズマンションの別の部屋ではないか!?

しかも、今回の物件は2DK。

で、値段が、1Kのより200万高いだけだ。


なぜこんなに安いのか?


「実はこの物件、隣り合った2軒を、同時売却でご希望なんです。

で、一軒は空いていますが、一軒は店子さんがいらっしゃって」


 


そーなんす。

マンションの抱きかかえ販売だったわけです。

うーーーむ。。。。。


 


 


 


2軒もいらないよ!(´-∀-`;)


 


 


しかし、この部屋も、マンション自体も気に入っているんだよなぁ~。

管理組合がM地所っていうのも信頼感がある。


 


今だからわかる話ですが、人気エリアの東京横浜間のその路線が、その時期底値でして

2軒でも無理したら買えなくも無い、微妙な値段だったのです。


店子さんがいる場合、内覧できないので、ある意味賭けみたいなところがありますし、

しかも、ローンが組めません。

こういう投資物件は、買う人が限られているため、安かったのかな~。


多分、この部屋のオーナーさんは、

一軒だけ売っても、店子付のほうは売れないだろう。

ならば、空き部屋も安くしても同時売却をすれば。と思ったんでしょうね。


ってことで、実は、マンションは底値からちょっと持ち直したってのもありますが、

値上がりしたというよりも、安く買っていた。というのが本当のところでしょうかw


その、安いけど、抱き合わせ物件に食いついたのは、

私たちだけではなかったんです・・・・・。


またしても、このマンション買うことが出来ないのか!?


 


 


にほんブログ村 住まいブログへ← (`・д・´)9mピンポン!!

スポンサーサイト

category:   不動産購入

tb: 0   cm: 2

コメント

1 ■無題

確かに欲しいと思ったら挙手ってのは大事ですが・・・・・

軽い気持ちで申込みをして「やっぱりやめます」だと相手方に迷惑がかかるので・・・・

って、それは充分承知ですよね(笑)


間に入る私達としては高い買い物なのでじっくり選んでもらいたいというのが本音ですねw

安易に「買います(借ります)」って言う人の方が何となく信用できない、そんな悲しい職種です(笑)

はなくろ #79D/WHSg | URL
2009/07/10 12:57 | edit

2 ■はなくろさん☆

もちろんです(´-∀-`;)
軽い気持ちで挙手されたら・・・・
ほんとに、いろんな人に迷惑がかかるんだって、
身にしみてわかりましたよ~~。

はじめ♪ #79D/WHSg | URL
2009/07/10 13:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://inakadetokyo.blog.fc2.com/tb.php/20-dc424fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

▲ Pagetop