FC2ブログ
田舎暮らし de 東京仕事 ホーム »2019年04月
2019年04月の記事一覧

逝きました  

ちょびた・・・・・


 


 


昨晩11時18分 虹の橋を渡りました。

享年 13歳と11か月


今は言葉になりません。


 


 


私に幸せな14年をくれて本当にありがとう。

190427-1.jpg


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→天国で再会したいよ


スポンサーサイト



category:   猫 腎不全

夏野菜苗植え付け&補液大出血!  

4月ですけど・・・・・??(;´Д`)


 


暑い!!


夏日???!!!


 


そんなわけで、苗が届いてしまいまして・・・・・。


 


 


GWまで待たずに一気植えを敢行しました!


 


190422-5.jpg

トマトは大玉のパルト2苗とアイコ1苗


茄子は去年と同じ庄屋大長1苗


 


190422-6.jpg

きゅうりはナツスズミ


あとは鈴なりパプリカ カラフルミニパピー


名前がかわいらしいww


毎年同じラインナップになっちゃうんだけど、

久々にトウモロコシもやってみた。


190422-7.jpg

名前は「おおもの」って言うくらいなんでひそかに期待w


 


あとは、種から福耳トウガラシとマー坊ナス。

まだ種まきしてないけどオクラかなぁ~


 


里芋の芽はぐんぐん大きくなっているので、そろそろ地植えかな?

ショウガは週末に土づくりをしたので、GW中に植えます。


 


190422-9.jpg

キヌサヤもやっと花盛りになってきたので、

早く、どばーーーっと収穫したい。


ちょい心配なのは、大玉トマトのパルト。


1苗は元気いいし根も回っていましたが、

1苗は根も回っておらず、しかもどういうわけか新芽が折れた!!

「後ろに苗あるから気を付けてねっ」て旦那に言ったんだけど、


多分おケツで折ってしまったんだろうと・・・・。


 


「俺が見たときは折れてた」って言うんだけどね。

そりゃ、おケツには目がついてないからねぇ・・・・・。


190422-10.jpg

というわけで、セロテープで応急処置してますが、

根も回っていないことから、

大きくならんかったら新しい苗を入れかえるかも。

10日ほど様子見します。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→連作だからなおさら心配。


 


 


やっちまった!!(;´Д`A ```


自宅皮下補液で一番注意しないといけないとこ。


血管を傷つけちゃった・・・・・。

(以下血の写真が出るので見たくない人は引き返して)


 


ちょび氏の場合、下半身まひなんで、

主に下半身に補液するんだけど。

最近げっそり脂肪が落ちたので、下半身は骨と皮。

なかなか皮下点滴の場所を探すのが難しい。


 


昨日はわりとさっくり入ったと思い、

出血の有無も簡単に確認してそのまま就寝。


 


今朝10時の排尿をしようと思ったら・・・・・


 


掛け布団とちょび氏のおむつが血の海!!(゚Д゚≡゚Д゚)

補液と一緒に血液が出たもんだから、

まだ血が止まっていないのかと思うくらいの出血。

血栓のお薬ジビリダモールを飲んでいるので、

なおさら血が止まらなかった様子。


 


190422-2.jpg

下半身が血まみれなので、血が止まっているのか止まっていないのかわからず、


とりあえず10分程度圧迫してからお湯で血糊をふきふき。

毛にこびりついた血液はなかなか落ちずに大変だった。

出かける予定の旦那も30分時間をずらしてくれて、

お湯とタオルのバケツリレー。


当然補液も流れ出た形跡があるんで、朝一また補液。

しかし下半身は避けて首にする。

さすがに痛がっていやがったけれども心を鬼にして・・・・・

皆さん、首にしているんだよね。えらいなぁ~~~(;´Д`)


 


幸にもちょび氏には異常はなかったらしく、

体が奇麗になってから、パウチの5g 退院サポを25g召し上がった。


 

190422-1.jpg

今日は日当たりのいい寝室でお休みしております。


 


ベッドルームの床はこんな感じで低反発マットが敷き詰められています。

ベッドから落ちても大丈夫なようにと、

冷たい所に行きたがっても、マットがあればそんなに寒くないだろうと。


最近明け方にパウチを少々と水を飲みに行くのですが、

そのまま放置していても自分からベッドに戻りたいと合図してくれるので安心。


まだまだ自力の食事量が戻らないので、強制給餌は続いてます。

やっぱ今は造血剤で一時的に良くなっているのかなあ・・・・・。


AIM製剤の件は、先生も調べてくれまして、

「今治験しているんだったら、5年くらいかかるんじゃないかなぁ~」と。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→間に合ってほしいんだけどな!


 


190422-3.jpg

うちの小さいトトロww


 


後ろ足が体に埋まってるw

前足が小さいww


 


 


週末にタケちゃん池を掃除しまして。


今年は早くもタケちゃん別荘暮らしが始まります!

190422-8.jpg

今日もあったかくて日当たり良好!!


 


 


 


お約束通り、ソーチェーン研ぎました!


 


190422-4.jpg

私が!!ヽ(#`Д´)ノ


自分のSTIHLのチェーンを研いでたら、

旦那が自分のを持ってきたので、やるのかと思ったら・・・・


「やって」だと!!


 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ→ソーチェーン研ぎ、覚えてぇ~~



category:   家庭菜園

雑草とトレリスとAIM製剤 (追記)  

おはこんばんちは。


今日も暖かいですね。

最近、水木はお休みのことが多いので、今朝は草むしり。


 


190418-9.jpg

スギナの森・・・・・(;´Д`A ```


190418-4.jpg

タンポポたちの森・・・・(;´Д`A ```


あっという間にこいつらに寝食されてしまいます。


 


せっせと草むしり・・・・


 


おっと!!!

190418-5.jpg

この子はこぼれ種のクリローさんだね。

もう2年も草むしりから逃れ、大事にここで育ってます。

もう少し大きくなったら別の場所に移動しよう~


 



190418-8.jpg

チューリップはもう掘り上げてないので、

毎年勝手に咲いてくれる~~w


さて、トレリスに食いついた人がいましたので、一個紹介。


190418-6.jpg

こんな感じで、500円(?)1500円(?)値段忘れました。(。´-д-)

の鉄のメッシュを2枚打ち付けているだけ。

これがレイズドベッド周りにもぐるっと回ってます。

そこにキヌサヤを這わせているんですよ~





にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→モッコウバラのフェンスもこれです。


 


先日、今が旬のひじきを頂きました。

190418-1.jpg

地元産の市場に全く出回らない幻のひじき。

採れ高が少ないのかな?

漁師さんたちの間だけで、売ってもくれないそうな。


それを取り方、乾燥の仕方を教えてもらって作った人からいただきました。

(冬の里芋のお礼として。最近物々交換が流行ってますw)


めっちゃおいしい!!

今度は私も取り方、教えてほしいわぁ~~


 


190418-2.jpg

旬のタケノコも少しだけ食べられましたよ!


 


 


さて、ちょび氏の様子。


 


最近は朝5時ごろに枕を叩いてご飯を要求。


10g程度しか食べませんが、進歩。

その後は10時ごろまでこんな感じでお休み~~


190418-3.jpg

かわいい・・・・・・萌


 


おかんの枕カバーがイケてないのは見ないでね・・・・。

あ、ちなみにちょびの枕はおかんの手作りです。

綿から買って、高さを合わせて作りました。

もう3年ぐらい前ですけどね~


10時に排尿してから朝食。


最近は強制給餌から離脱するために、

好きなパウチやカリカリを食べれるものから食べさせています。

それも5~10g程度ですが。

そのあと強制給餌が待っていますが、量は少しづつ減らしています。


 


イヤイヤをする元気が出てきましたので、

体のあちこち汚れます・・・・・・


 


で、毛づくろいするまで回復してきました。



うんうん、よかったよかった。


 


この窓の日当たりは午前中だけなので、

お昼からはあったかい玄関でおくつろぎいただきます。


190418-10.jpg

長靴枕~~


 


食事も1日5回から4回に減らし、間隔を開けています。

もう少しパウチやカリカリが食べられるようになったら、3回にしたいところ。


シリンジでの強制給餌から、ペーストへ進んだおかげで、

体重は5.12から5.45キロまで回復しました。

出来れば腎不全の療養食を食べてほしいので、

一個ずつお試しで買ってみました。(まだ届かないけど)

でも、体重を落とさないためにも、好きなものを食べるでいいのかも。


 


先日書きましたAIM製剤ってラプロスのことでして・・・・w

先生に聞いたら、「ちょびた君の治療はもう完璧なんだからね」

と言われてしまった次第で・・・・・・・


ラプロスを飲んでいても、進行することはあるそうで。

例えば今回、もし本当に総合的に回復したのであれば、

腎内に石があるので、一時的に詰まった。

で、一時的に腎機能が失われた、けど流れた。

という可能性があるそうです。

詰まった時点で腎機能の残り数パーセントは失われたと思いますが、

0じゃなければラプロスの効果でまだまだ頑張れるかも。


---------------------------------------------


追記


やはりAIM製剤はラプロスのことではなさそうです。

今はラプロスが最先端だよってことでしょうかね。

ニュースを見るともう大量生産のところまで来ているそうなので、

近い将来発売されるのでしょう。


ちょび氏そこまで頑張ってほしいです!!


---------------------------------------------


 


GW後半あたりでちょうど1か月になります。

そこで半日預けの血液検査を予約しました。


 


早く食いしん坊のちょび氏に戻れ~


 


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→今回も奇跡の生還であります様に。


 


 


 


GWにやらねばならないこと。


 


こいつらを片付ける!!(桜)

190418-7.jpg

とオープン薪棚を手前の空いた棚に移動させる。


 


夏野菜を植える。


 


芝刈りをする


 


洗車する


 


なごむ!!


 


 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ→ソーチェーン研ぎます!



category:   猫 腎不全

ちょび氏の様子と畑土づくり  

こんにちは。

やっと春が本格的にやってきましたね。

3月は暖かかったのに、4月に入ったら天気も乱高下。

温かかったり寒かったり・・・・


これじゃ猫も人間も具合悪くなりますって。


 


ちょび氏の体調は日に日にちょっとづつ前進してます。

総合的に良くなっているのか、

造血剤のせいで一時的に良くなっているのかはわかりません。

でも、自分がいつもいる、お気に入りの場所に行きたがるようになり、


190415-3.jpg

おかんの仕事部屋、午前中ぽかぽかのところ。


ご飯も、明け方はパウチを10gくらいは自力で食べるようになり、

強制給餌も150gくらい一日量食べるよう頑張っています。


 


お口が口内炎で茶色の涎がだらだらでしたが、

抗生剤のおかげでよくなりました!

今日で抗生剤は終わりますが、口内用サプリは続けよう。





ちょび氏大好きのミカは、

具合の悪いときは「これ誰!!??知らん、怖い」

みたいな感じでちょびを避けていましたが、


体調が戻ってきたとたんに、追っかけ再開。

190415-1.jpg

ミカのちょび氏に対する態度で、ちょびの具合がわかりそう・・・w


 


先日教えていただいた情報で、

AIM製剤って言うのがありまして。(気になる方はググってね)


もしこの新薬が発売され、効果が立証出来たらノーベル賞ものです!

猫が腎不全で死ぬことが無くなるかもしれない。

その先には人間の腎不全にも治験が始まるかもしれない。

そしたら人工透析が必要なくなる時代が来るかもしれない。


 


あぁぁぁ、今治験を受けている猫さんたちがうらやましい。

実用化の目途がもうすでに立っていて、

今年の夏か?来年あたりで販売開始と様々なニュースソースがある。

ちょび氏はその発売まで間に合うか・・・・・・?


今週はお薬をもらいに病院に行くので、先生に聞いてみよう。


 


今日は久々に朝5時半までぐっすり寝かせてもらえたので、

今日のおかんは頭がもやもやしてないよ。


もう少ししたらカリカリも食べられるようになるといいね。


 


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→ちょびはえらいのだ


 


さてさて。


今年はあきらめムード満載でしたが、

思いのほかちょび氏の回復もよかったので、

一気に冬野菜の撤収と夏野菜の土づくりやりました。


 


白菜、小松菜、レタスを撤収。


ストーブの灰と、自家製ぼかし肥、牛糞堆肥、燻炭、石灰、

最後に木酢液を薄めたものを撒いてしばし放置。

これで連作障害が緩和されるのを祈ります!


 

190415-4.jpg

月末ごろには苗が届きそうな予感がしていたので、

ちとほっとしています。


温室玄関で芽出しちゅうの里芋とショウガ。


190415-8.jpg

順調に芽が出てます~~


 


ソラマメは今年はどうなんだろうね?

190415-6.jpg

花はいっぱい咲いています。


 


キヌサヤは、皆に後れを取りながらも、やっと花が咲き始めた。


190415-5.jpg

うちで種まきして残った苗を差し上げた人からは、

もう何週間も前に「花盛り」と聞いてたので、

うちのはなんで花が咲かんのじゃ??

と慌ててリン系肥料を撒いたところでした。


 


ダメダメ人参も、ダメダメながらも収穫に至っています。


190415-7.jpg

本当はもう少し早く抜きたいところなんだけどね~


 


190415-9.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→アスパラも芽を出し始めました。


 


 


小松菜を撤収して、テミごと台所に置いておいたら・・・・


 


おまえさん、何がしたいの??(笑)


190415-2.jpg

土のにおいに反応したのか、

小松菜が食べたいのかはわかりませんがw

しま君、ぶら下がっておりましたw

category:   猫 腎不全

奇跡の回復  

こんにちは。

ちょび氏の回復、目覚ましいです!!


4月3日 BUN 154.9  CRE 9.1


それから3日間、静脈点滴にて流した後の数値


4月5日 BUN 203.4  CRE 13.4


 


そりゃもう、ダメだ!と思いますよ。(ノД`)・゜・。


今までダメな数値の4倍ですから。

造血剤が良かったのか、水が良かったのか、ちょび氏の体力が良かったのか。


 


4/11早朝


枕をたたく!!

ちょび氏の枕を叩くは、「お腹がすきました、ごはんくれ」なんです。

まさかと思ったんですけど、無一物のスープ仕立てを持ってきたら、


 


 


 

190412-2.jpg

自分から食べたーーー!!


 


 


 


 


奇跡ーーーーー!!(≧∀≦)


 


 


その日までは、深夜2時とか、早朝4時とかに起きて、

冷たい床に行きたがっていたんですが。

11日からは朝7時ごろまでぐっすり寝てくれるようになりました。


いつものちょび氏に戻りつつあります。


 


体重はさすがにまだまだ栄養が足りていませんので、

5.55キロから5.12まで落ちました。


そのせいで、胸のあたりに今まで見たことがないふくらみ・・・・

これ・・・・なんだろ・・・・?

むくみが出ているのか?それとも甲状腺の何か???


 


心配になるといてもたってもいられず、病院!!


 


先生、触って一言。「大丈夫、脂肪!!」ww


いや~~赤面っすよ。

ちょび氏、前足だけの2足歩行なんで、

首回りが室伏だったから、げっそり筋肉が落ちて、

今まで見えなかった脂肪だけ、もっこりしてしまったらしいです。


 


そして、その場にいる全員が「きーせーきー!!」と合唱ww

よくぞ帰ってきてくれました。

そうはいっても、まだ自力の食事は一日30gが限度。

あとは強制給餌です。

しかしシリンジは離脱して、今は退院サポートを指でお口にインしてます。



ちょび氏の体重だと、退院サポで、一日190gは必要なんですが、

今は80~110gが精いっぱい。

3時間おきで一日4度の食事、一回30gをまだいけてません。


あと免疫が低下したせいで、お口の口内炎が悪化。

上の歯が下の歯茎に刺さって大出血したりと、

毎日病院に電話しては相談しています。


麻酔に耐えられないと思われるちょび氏には、抜歯は難しいので、

今回は抗生物質で対応しています。

2日間飲んだだけで、少し良くなってきました。

1週間続けたらカリカリが食べられるくらい回復できると良いな~


 


そして、BUN排出にはアゾディルですが、

リンの排出にはカリナールを使ってました。

この6年間のリンの排出サプリの進化はすごいよね。


ネフガード→レンジアレン→カリナールと来て


ここ最近はプロネフラがダントツらしい。





うちも病院からサンプルを頂きましたが、

一回量がこのくらい。


190412-4.jpg

味はめっちゃおいしいらしい。

シリンジに拒絶反応を示しているちょび氏、

いやいやしてましたが、お口に入れたら「ん??何これ?」

みたいな感じで2度見してました!


カリナールもあともう少しあるから、プロネフラも使ってみようと思います。


 


1か月後のことなんて考えることもしていませんでしたが、

今日は先生に「一か月後また血液検査に来ます!」って普通に言えました。


 


4月後半に来て、寒い日が続くので、

ちょび氏のためにもストーブ焚いてます。


190412-1.jpg

 


以前はすぐに布団にもぐりたがったちょび氏ですが、

ストーブ前でまったりすることができるようになりました。


 


まだまだ先は長いし、検査してないから、どこまで数値が回復しているのかはわからない。

でも、もう少し一緒にいられる時間はできたと思います。


190412-3.jpg

いろいろ応援していただいてありがとうございます!!!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→感謝!!


 


立派な柚子の苗木を頂きました!!


190412-5.jpg


今年も実をつけたそうです。


今から地植えなので、来年はまだ難しいと思いますが、

再来年から採れると良いな~。


 


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→楽しみが一つ増えました。


 

category:   猫 腎不全

奇跡なのか?!  

一進一退。


と言いたいところですが・・・・・・


 


一進一退一進一進な感じの今日この頃。


 


ちょび氏、なかなか頑張ってくれています。


造血剤2回目を打った日は、自分で水も飲めましたが、

その翌朝は、呼吸が荒くなり、簡易高酸素室の出番に。


190410-2.jpg



190410-3.jpg

買っててよかった酸素ですよ。




そんな調子の月曜日は、自分から水を飲むことはなく、

ぐったりした様子。


190410-6.jpg



強制給餌もあまり飲みたがらず、いよいよダメなのかと覚悟して、

水曜日に病院に行ったら鼻チューブにしてもらおうと決めてました。


 


ところが一転、火曜日になると、

自分から水を飲む!

ゴクゴクとまではいきませんが、時間をかけてゆっくりたくさん飲む。

ただ、栄養が全然足りてないので、前足しか体を支えられないちょび氏には、

水を飲む前かがみの姿勢がちょいと辛そう。


で、母がお仕事中はこのベッドでお休みいただいているのですが、

190410-1.jpg

このベッドわきに置いたら、ベッドが支えになってよかったようで。






 


この日からなんとなくいい感じになってきているような毎日です。

何が良かったんだろう???


 


病院には言ってませんが、電解質サポートと一緒に、

タンポポ茶を薄めたやつ飲ましてましてん。

そんなに影響が出るほど飲んでいるとは言えないんですが、

デトックス作用があるっていう代物です。


これがなかなかおいしくて、人間もはまって毎日飲んでます!





電解質サポートが効いたのか、タンポポが効いたのか??

それとも造血剤の効果が出てきているのか?


 


病院からもらったクリティカルリキッドは、

私も味見をしましたが、ドロドロしたあまり味のないミルク味。

これがなかなか飲みにくいらしく、でも、栄養価は高い。


で、それを飲み終わったので、リーナルケアにしてみた。

こちらは水っぽくて、豆乳のような味。

こちらはサラサラしているのか上手に飲めました。


ちなみに、一回に30mlくらいは楽勝で飲んでもらわないとダメなんですが、

今はちょっと様子見なので、一回20ml

で、30ml入るシリンジを購入したところ、

全然あかん~~~!!(;´Д`A ```


シリンジの口が大きすぎた模様!!


やっぱ何本も用意して持ち替えながら飲ませるのがベストだね。


これは全然あかんやつ↓




こっちは上手に飲めたやつ↓




 


今日病院で最後の造血剤の注射をしてもらいました。

最近の経緯とちょび氏の顔色を見た先生は、

ベテランの看護婦さんを呼んで、


「N子さん!!ちょっとちょっと、奇跡ーー!」と叫んでました。


ここの先生、アバウトな先生なんですが、

まぁ大体のところ、勘でわかるんでしょうね。


血液検査はしませんでしたが、最後の結果からの、

この顔色、しぐさで、まさかという感じでした。


多分、先生はここ数日が山だろうと思っていたのでしょうね。


私も半分はあきらめていたので、

お薬関係は一切やめていましたが、

今日の結果からの復活もあり得ると、またお薬とサプリ再開します。


もし腎機能0%じゃなかったのなら!!

奇跡あるかな・・・・・・?


旦那はもうあきらめてて、近い将来尿毒症は避けられないから、

あまり期待するなと言いますがね。

治療に関しては、意見が真っ二つに分かれ、

今は私のやりたいようにさせてもらっているので、

旦那はストレスから蕁麻疹発症してます。


旦那の気持ちもわかる。

辛い治療や介護はさせたくないと。

でも愛もあるからジレンマがあるんでしょうね・・・。


 


昨日はあったかかったので、玄関で岩盤浴。


しまじやミカは寄り付かなくなったけど、

銀はお構いなしの様です。


190410-4.jpg

 


そして今日は寒い!!


ちょっと調子のいいちょび氏は、ベッドに籠りたがらず、

ストーブの前でリラックス。。


190410-5.jpg

それがわかるのか、珍しくしま君も一緒にいます。

そして銀が来たらちょび氏が「シャー!」で追い払い。


シャーいえる元気が復活したなぁと二人で笑いました。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→ちょび氏は呼びかけに答えるよい子じゃ!!


 

category:   猫 腎不全

tb: 0   cm: 8

造血ホルモンの効果  

昨日までは、ちょび氏を見るだけで泣けてしまう母でした。


金曜にちょび氏が受けた注射は、

もう腎臓で赤血球のもとになるエリスロポエチンが出来なくなり、

貧血のような症状が出ることによる食欲不振、吐き気が来る。

そのエリスロポエチンを打つことで赤血球を生成してくれる。

ただし、人間用の造血ホルモン剤なので、3回が限度。

あとはブロック抗体が出来ちゃうらしく、難しいらしい。

2日おきに3回打って、赤血球を作ってもらう。

その赤血球も寿命は4か月。

延命措置だけど、ちょび氏の具合が良くなって穏やかな余生を過ごせるならいいかな。


そのほかセレニアという吐き気止めの注射もしてもらう。

このセレニアは皮下注射なので、

効果が認められたら、自宅で注射して良しということになった。


 


金曜日は注射をしたにもかかわらず、まったく変化なしだったので、

もうこれ以上の治療や延命は無理なのかもと諦めていた。

ベッドにもぐりこんでうつらうつらするだけでしたから。


190407-5.jpg

水も自らの飲まなくなっていましたので、

お口周りのよだれがひどくて、定期的に拭いてあげなくてはいけない状況。

まぁそれは今も同じですけど。


 


いろいろブログを読み漁って、電解質サポートなるものがあることを知り、

与えてもいいか先生に聞いたところ「いいかも」と。


で、アマゾンで速攻注文、よく土曜着で届きましてん。


 




で、以前より介護が必要になったらと買っておきました、

10mlのシリンジで午後、2回に分けてあげてみた。


吐かずに大丈夫だった。


 


排尿に関して今回、先生より話があり、

昨今の獣医学会の見解としては圧迫排尿は避けるべきとの方針らしい。

その理由は、圧迫することで少なからず尿が腎臓に逆流してしまうから。


あー、そんなことはもうずっと前から知ってます・・・・・。

著名なお医者さんのブログとか読んでるし。


だからと言って、排尿できないちょび氏たちのような子はどうしろと?

毎日病院で針刺し排尿がベストだと。


それがベストなのかと言われると、

毎日のストレス、針を刺すリスク、飼い主の負担を考えたら、

圧迫排尿はベターでいいんじゃないの?

という主治医と私らの見解でした。


なので、今晩も圧迫排尿させていただきます。


 


朝150mlの補液をして、夜の排尿は150gでした。

ちゃんと腎臓は通過している模様。


日中はずっとベッドにもぐりこんで寝ていたのですが、

排尿のためリビングに連れてこられたら・・・・・


 


なんか目ヂカラが戻ってきたような!!??


190407-3.jpg

 


電サポ効いたんじゃね??

試しにリビングの水のみの前に連れて行ったら、

お口をもごもごさせて飲みたいそぶりを見せた。


 


で、母はお風呂場の洗面器にお湯をいっぱいにして持ってくる。(親ばか)

だってこれが一番ちょびの好きな水飲み場だから。




飲んだーーーー!!!(`・ω・´)vイェイ!

旦那は洗面器持って走る私を「あほか」という目で見ていましたが、

母は強いのだ!!

ちょび氏とは心がつながってるしね!


 


 


日曜朝方、自分で起きて冷たい床に寝るようになる。

なぜかはわからないがそうしたいらしい。

起きたついでに、電サポをシリングで10ml

上手に飲めたので、この際と、エナジーチュールをお湯で溶いて、

アゾディルとカリーナールも混ぜたものをシリンジで。

こちらはあまり上手にあげられず・・・・。半分くらいの5mlか。

でもまた水のボールの前でもにゅもにゅしているので、

ボールにお湯を足して温かくしてやると、自ら飲んだ。


 


お昼に2回目の造血ホルモンの注射に行く。

吐いてないならやろうということになる。


シリングからの強制給餌がうまくできないので、

シリンジ用栄養フードはないか聞いたところ、

ロイカナのクリティカルリキッドを処方してもらった。


190407-1.jpg

そして、ちょっと前に、ちょび氏の介護用にと買っておいたフード、

もういらないと病院に寄付したんだけど、

その中からリーナルケアを戻してくれました。


 


病院から戻り、1時間ほどゆっくりしてから、

新しくもらったクリティカルリキッドを食してもらう。

10mlのシリンジ2本から始める。


何とかお口を汚しながらも2本完食。

吐かないか様子見したけど、大丈夫でした。


 


今日は暖かく、玄関が一番気温が高くて居心地がいい。

そのまま、スロープをベッド代わりにお休みしています。


190407-4.jpg

涎がすごいんだけどね~~

あんまりストレスはかけたくないので、

お鼻にチューブを入れて胃に直接給餌にする?

と先生から提案があって、

私はそっちでもいいかな?私もちょび氏も楽だし。と思うんだが。

旦那が、食べたくないのに無理にチューブ食??

と難色を示す。


旦那は嫌がるちょび氏に給餌してないからねぇ~



食べたくないから食べさせないとすぐにお別れになる。

でも、食べさせることで数週間が数か月になるならと私は葛藤しています。


食べるのを嫌がらないわけないもんなぁ~~

あの数値だもんなぁ~~

どうしたらいいのか、次回の造血剤の水曜日まで悩むことにします!


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→皆さんだったらどうします???


 

category:   猫 腎不全

ちょび氏の腎臓   

初めて携帯から投稿。




様子がおかしくなって、あっという間に3日経ちました。

その3日は、毎日半日入院で静脈点滴をして、

老廃物を流し、BUNを下げるのが目的でした。

一縷の望みて挑みましたが、結果は更にBUNの上昇。

今まで見たことない、200越えの数値。

CREも上昇。

ということは、ちょび氏の腎臓、もう0%なのかも・・・・



この体重、この毛艶、この目力。

なのにもうなすすべがありません。


先生にすがって、造血ホルモン剤を注射してもらいました。

そのほか、ムカムカを抑える薬も注射してもらいました。

でも、水一滴も強制給餌も拒否。

脆くも崩れました…




多分もうできることはありません。

明日はいい天気らしいので、

お気に入りのベランダ日光浴を楽しんでもらおうと思う。


日曜も造血ホルモンの注射の予定でしたが、

まさかのこんな状況なので、相談して決めます。

腎機能0%では透析も意味をなさないことなのかもしれない。




先生が言ってくれた言葉で、

今までほぼ完璧な介護していたから、

ここまで普通に生きてこられた。

限界が来て一気にこうなったけど、

調子悪い時期は少なかったよね。と。




一気に涙があふれました。

いつか来る日があるとは思ってましたが、

徐々に弱って、気持ちの準備期間あると思ってた。

だからまだ全然準備できてなくて、苦しい。



あと何日?何週間?



ちょびが過ごしたいようにリラックスして過ごせるように、ただそれだけ考えます。



ちょび氏はまだかろうじて生きています。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→自分がオロオロしまくりです。


 

category: 未分類

ちょび氏 腎不全末期  

本日は、プチパニック・・・・・。


今日はちょび氏のことしか書きません。


ここ2~3日、強制給餌食をリバースすることが増えて、

水も飲む量が増えて、ちょっと様子がおかしいなとは思っていました。


でも、好きなウェットやカリカリは食べるときは食べる感じだったので、

しばらく様子を見ていたのですが・・・・・


 


昨日は明らかにぐったり。

これは病院だと今朝かかりつけ医に行ってきました。


 


190403-1.jpg

で、血液検査をしてあまりにもひどい結果に茫然としています。


BUN 154.9 (正常値17.6~32.8)

CRE  9.1  (正常値0.8~1.8)


190403-2.jpg

腎不全末期の数字です。

前回(と言っても去年の1月)は基準値より少し高いね?

位の数値だったんです。


それが一年でこんな末期になるなんて・・・・・。


ただ、先生も「見た目は毛艶はいいし、体重もあるし(5.55キロ)

これで体調悪いってわからない」とおっしゃってました。


 


ただ、貧血もあるので、急性ではなく慢性だろうと。

そうなると、あとはどうやって看取る?という話。


 


 


 


 


いやいや、つい数日前までは元気だったんです。

お看取りの話・・・・?無理!ついていけない!!(´;д;`)


 


2013年に腎不全初期と診断されて今年で6年目。

最近はラプロスやアゾディルなど進行を遅らせたり、

窒素の排出に優れたお薬も出たし。

何より自宅ケアをやらせてくれる病院でしたので、

1日おきの補液や排尿排泄も自分たちでやらせてくれました。


だからこそ、このまま中空飛行でいつまでも飛んでくれると思った。


 


だから突然の墜落するかもしれませんとか、無理


2016年に血栓で余命2週間と言われ、持ち直して3年。

2017年に急性肝炎で死にかけて1年半。

どれも乗り越えて来たのだからと一縷の望みは持ちたい。


今後は自宅にて毎日点滴(一日2回とかもある)で、

徐々に墜落を見届けるか。

今日から3日間、病院にて静脈点滴(栄養入り)一日6時間を試すか。

試しても戻らない可能性はあるし、病院で急変もあり得ると。

その場合はお看取りできない可能性もある。


 


こればかりはやってみなくてはわからない。と先生。


 


 


慢性腎不全だったら、病院にて静脈点滴しても、

数字は戻らない可能性が高い。

しかし、ちょび氏の体重・毛艶などから、もし数値が下がってくれたら。

ということで、


初日の今日は5時間の静脈点滴をしてもらっています。

お迎えは夕方です。

数値、少しでも下がってくれたら明日も続行ですが、

全く変化なければ、このまま自宅にて穏やかに余生を過ごすことになります。


 


 


血栓ができて半身不随になってからは

一心同体か!?って言うくらいちょび氏をわかっていたつもりでも、

腎臓の悪化までは気づけなかった・・・・・。

ケアしていたつもりでも、悪化していたんだね・・・・。




先日もちょび氏の話を母としていて、


あと2~3年くらいはお世話をして、やりつくしたわ!

って言うまでお世話したらお見送りできると思う。

って話をしたばかり


 


でも、あと2~3年だろうが今だろうが、

ちょび氏とのお別れは辛すぎる。


今はただひたすらに、今日の点滴がうまくいきます様に。

それだけ祈っています。


 








にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→取り乱し中にて・・・


 


いろいろBUN150で検索すると、

お看取りのブログにたどり着けます。

150越えでも1年低空飛行の子もいるし。

ちょび氏も低空飛行でどこまでもー


 


 

category:   猫 腎不全

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

▲ Pagetop