田舎暮らし de 東京仕事 ホーム »2009年06月
2009年06月の記事一覧

店子のモラル  

小娘はずしを策略したものの、


先に動いたのが、小娘だったとは、これいかに・・・!


「Tハウスさんに広告おろすようにぃ!」


と、高飛車な口調で言われましても、ぐっとこらえるしかありません。


しかも、入る希望の方が、大企業で、社宅扱いで入りたいと。


こちらとしては、願ったりですから、小娘ますます鼻息が荒くなる。


でも、大企業の中で、家賃の上限とかが決まっているらしく、


家賃と、管理費をうまい具合に操作してみるように、会社に掛け合うという大企業の店子さん。


問題は無いと言っていたのに・・・・・・


最後の最後で、やっぱり止めますとドタキャン。


部屋は相当気に入っていたから、まず間違いないと小娘言っていたのに・・・・


小娘・・・しおしおと「すいませぇん」と電話してきやがりました。


ちゅうかね、Tハウスさんの広告をおろすと、


再度上がるまで、1週間から10日くらいかかるわけですよ。


ほんと、迷惑な話なんすよ!(`ω´*)


それから、1週間後のゴールデンウィーク最後の頃。


またしても小娘から「お申し込みが入りましたぁ~~~。」と。


あの~~、


対抗馬のTハウスさんを入れたとたんにやる気出してませんか?


今まで何をやっていらっしゃったのでしょうか・・・・


とはいえ、申し込みがあったのはよいことです。


申込書を見ますと、うちらと同じようにデザイン関係の会社を経営している方のようです。


親近感から、うまく運んでくれる予感がします。


しかし・・・・・・


最初の申し込みがあってから、一向に次の書類が出てこない。


多分、保証人さんとかの書類に手間取っているのかもしれない。


申し込みがあってから2週間・・・・・


さすがに困った小娘から「多分、ご入居はぁもう無いかと思われますぅ・・・・すいませぇん。」


と、電話が入る。


今回は、前回の勉強も踏まえて、Tハウスさんには、


「申し込みは入ったが、成約まで行っていないので、まだ下ろさないで。


成約したら連絡しますね。」


と、伝えておいたので、まだその点救われた。


しかし、今回は小娘というより、店子のモラルを疑う話。


申し込みをしてトンズラとは・・・・・


そんな奴の会社がうまく行くわけ無い!


と、心の中でグーで殴って溜飲を下げたしだいです。



うちの会計士さんからのアドバイスで、


うるさい大家になりなさい。といわれましてん。


うるさいとは、しつこいとか、けんかするとかではなく、


こまめに電話して、様子を伺って早め早めに情報を聞いて対策を講じるってことらしいです。


で、小娘の会社が2件申し込みがあったので、


Tハウスさんに電話で状況を聞いてみる。


「まだ、あまりいいお話が出来ません。」

ん~~~~~。


窓口を広げてもなかなか結果がついてこないのね~。


もう一社窓口を広げるか、思い切ってペット可にするか?


悩みどころである・・・・。



にほんブログ村 住まいブログへ ←ピンポーン

スポンサーサイト

category:   大家の仕事

tb: 0   cm: 6

不動産屋を選ぶ基準  

やっと、自分の担当している不動産屋が、


使えない人だと気がついて、どこに頼むべきか悩む。


でも、まず、集客が多いほうがいいだろうと、


駅前にある、中堅か大手になるのかわからないが、Tハウスに電話する。


担当になるのは、声の感じからして若目の男性。


テンションが高いわけでもなく、かといってダメダメな感じも無く、


とても感じのいい話し方で好感の持てる男子である。



マンション現地で待ち合わせ。


現れたのは・・・・髪の毛茶色でふわふわ・・・・若いな。(゚∀゚ ;)タラー


25歳、いっているだろうか?


かわいいから許すけど・・・・


旦那と二人、ちょっと不安になるものの、話してみるとあっという間に払拭される。



当然のことだが、今出している不動産屋の内容と、近隣の状況を調べてきている。


そして、相場からして家賃が高いとずばり指摘した。


ただ、見た感じから、決まらないのが不思議だと。


3月から担当させてもらっていたら・・・きっと大丈夫だったと思いますと・・・。


まぁ、後手後手に回ったのは自分のせいだけど・・・・



ほんま、小娘にまた腹が立つわ!



提案してきた金額は、小娘より、家賃を4000円下げて、管理費も5000円下げる。


まぁ、家賃をがっつり落とさなかったのは、


自分のところの利益も考えているんだろう。


つまり、小娘のところより9000円安く出ることになるわけだ。



1週間後くらいに、ネットでもその告知が出始めたとたん、


小娘から電話がかかってきた。



「えっとぉー、Tハウスさんで出されている金額は、うちより安いじゃないですかぁ!


それ、困るんで、うちも同じ値段でやらせてくださいぃー!(`ω´*)」


いきなり、上から目線炸裂かよ!


「あ、でも、お宅にそういう提案したときは必要ないっていったじゃない。


Tハウスさんはそういうプレゼンをしてきたんだよね。」


「でもぉー、困るんでうちも同じでないとぉー。」


「ふーむ。でもね、お宅の管理料、高いねん。


Tハウスさん、この値段でやっても、うちに入ってくる金額は同じなのよ。


私としては、どっちでもいいんですが・・・・


もし、お宅の管理料を見直すなら、家賃の金額も見直すけど。」


「えぇ~、そういわれてもぉ、こまりますぅー。」


「まぁ、あなたじゃ決められないだろうから、上の人に聞いてみて。」


「ふーん。わかりましたぁー・・・・・。」



小娘め!


小娘はずしを狙っているのが気がつかないのか?




先ほど、管理料って出てきたので、ちょっと説明を。


賃貸の不動産を任せる場合、だいたい3種類の契約がある。


1.入居時や更新時のみ手数料が発生する。 毎月の支払いは無し。


 普通はこのタイプだと思われます。


 一般的に、街の不動産屋さんがやっていることはこれかな?



2.入居時、更新時の手数料のほかに、毎月家賃の5%を支払う


3.入居時、更新時の手数料のほかに、毎月家賃の7%を支払う


23に関しては、賃料の集金や、滞納賃料の立替、督促などやってくれます。


立替や、保障期間によって5%と7%の差が出てくるものと思ってください。


そのほかに、原状回復や、故障時の手配、費用の割合算出などしてくれる。



で、小娘との契約は、7%


なぜかっていうと、以前のオーナーさんがこの契約を結んでいたので、


何も告知無くこうなっていたわけでして・・・・。


オーナー初心者の私たちはほかに安い契約があることを知らなかったのです。


しかもだ。


一年ほどして給湯器が壊れたと連絡があり、


一応、任せて見積もりを取らせてみた。


業者が出してきた見積もりは、現在付いている給湯器より、型番が落ちているものを通常価格で出してきた。


現状、風呂場とキッチンにパネルが付いて操作できるようになっているのに、


風呂場にしかパネルが着いてないタイプ。


これじゃ、店子は怒るんじゃね?



こちらが建築の仕事をしていなかったらやばいよね。


業者が悪いのか、管理が悪いのか?


業者の出してきた品で、以前と同じ仕様なのかどうか、


高い管理料を取っているなら確認しろよ。



で、自ら東京ガスに電話して見積もりを取る。


結局、小娘が頼んだ業者より安く、最新型の給湯器が手配できた。





お願いだから、


管理料7%の仕事して!(´-∀-`;)





というのが、不動産屋さんの収入と仕事のあらましです。


もっと詳しく!という方は、はなくろさんに聞いてくださいw







話は戻って、小娘が引き下がってから、ゴールデンウィークに突入。


GW中、小娘はずっとお休みだったらしく、


上司から「色々ご迷惑をおかけしております、今のままのご契約でやらせていただきます。」


とお手紙が届きました。



そして、小娘が休みの間に、別の小娘から電話が!


「えっとー、賃貸の申し込みがありましたのでぇ、


Tハウスさんの広告はおろすように伝えてくださいぃ!」



うわぁ~~。


この会社の小娘は、全員このしゃべり方なのかよ。(゚∀゚ ;)タラー


とはいえ、こっちがさきに動くとはなぁ・・・・。






にほんブログ村 住まいブログへ ←ぽくぽくちーん

category:   大家の仕事

tb: 0   cm: 5

不動産屋の小娘にしてやられた・・・  

前回の日記に書いた店子のドタキャンは・・・


かなりこたえました・・・・。



というもの、さかのぼること今年の3月くらいから、


ストレスの溜まるいろんなやり取りがあったからなんすよ。




まず、一月に、今まで住んでくれたご夫婦が退去されて、


リフォームも終わらないうちに、次の店子が決まったのですが、


公務員さん(特殊な)で、移動になったため通えないと。


まぁ、それは致し方ないので気にせず。



リフォームも済ませ、募集をかけるもなかなか決まらない。


ひとつ隣の駅で大規模開発が行なわれ、


超高層のタワーマンションが6棟も建ってしまったのだ。


供給過多になってきているんだろう。



そのうちに、うちのマンションのほかの部屋も賃貸の空きが出始める。


うちより手を入れてリフォームしている部屋は、最初から負けてますから、


そちらが決まるまではうちは動かないだろう。


しかし、うちより条件の悪い部屋が出て、同じ値段だったので、


うちが先に決まるだろう。と思っていた。


しかし、2軒ともなかなか決まらないものだから、


担当の不動産屋に相談してみる。


「ちょっと、家賃が高いような気がするから、少し下げていいよ。」


「えっとぉ、近隣と比べて問題ないですからぁしばらく様子見ましょう」


実は、私、この担当者が苦手でして。


会ったこと無いけど、しゃべり方の感じから、小娘なんすよ。


「えっとぉー、じゃなくてぇー、おたくはぁー。」



おいおい(´-∀-`;)


で、喧嘩になる前に、女より男のほうがいいだろうと、旦那を窓口にしてみまして。


しばらく、旦那とやり取りをしてもらっていましてん。


で、上記のような「しばらくぅ、様子見ましょう」ってことになったのだ。



その2日後くらいに、びっくり仰天。


うちより条件の悪い部屋が、値段を下げて成約が決まっていた・・・。



ヾ(#`Д´#)ノ


それにはプツっと切れまして!!


「うちが値段を下げるって言ったときは、下げなくていいと言っておきながら、


他のオーナーさんには下げるように指示をしたのか!?」


と、文句を言うも後の祭り。


小娘は、


「すいませぇーん。テヘッ」


というだけである。


小娘は、「3月は移動の多い時期ですし、


内覧もかなりありますから、すぐに決まると思います。」(あえて普通に書いてみた)


とのたまっていた。



しかし・・・・



3月過ぎ~、4月過ぎ~・・・・


最悪の事態になってしまった。


3月で決まらないと、ほぼ動きが止まってしまう。



うちの公認会計士さんにチラッと話をしたら、


「その不動産屋は、やめたほうがいい。


なぜなら、店子が退出した際の返金する敷金を、一回オーナーから全額を自社に振り込ませている。


普通は、金額が決まってからオーナーが店子に返すか、決定した金額だけ預かるべきもの。


不動産屋が預かっていいお金ではない。


もしかしたら、資金繰りもやばいのかも・・・・。」



うぇっ・・・


やっぱ、やばいか。


幸いに、一般契約でしたので他の不動産屋にも頼む決意をする。



そのことを小娘にも伝えたところ、


「えぇーー!?もしほかに頼まれるんでしたら、どの会社か教えてくださいぃぃ。


そうしないとぉ、決まったときにぃ、トラブルになったりしますからぁ!」


なんかね・・・・・


言っていることは間違ってないんだけどね、










そのしゃべり方と、


上から目線な言い方をやめないか!!


ヾ(#`Д´#)ノ



そんなわけで、もう一社探すことにしました。



それが、ゴールデンウィーク直前のことです。




にほんブログ村 住まいブログへ ←押すのも楽しかろう

category:   大家の仕事

tb: 0   cm: 4

ペット可の選択肢  

新婚さんに貸し出すことにしたマンション。


契約も順調に進んでいる様子。


Tハウスでは、前回もドタキャンが出ているため、


かなり急いでことが進んでいるようだ。


こちらがオッケーの返事をして、わずか2日後には保証人さんの了承も得て、


3週間後に家賃が発生する運びとなった。



が、新婚さん、将来ペットを飼いたいのだけれど、


その際の契約はどうしたらいいのかと聞いてくる。



実は、うちのマンションはペット可。


このたび、半年も空いたため、ペット可にしておいた。


もちろん、ペット可とペット無しでは入居条件も家賃も違う。


そして、猫をこよなく愛す私としては、「去勢、避妊した猫一匹のみ可」


という条件付で。



ペット可の場合家賃は2000円アップの、敷金はもう一ヶ月もらいます。


と、そこまでは納得してくれた新婚さん。


しかし、どうしても譲れないのが、猫のみというところ。


絶対犬がいいというのだ。


しかし、こちらが最初から提示してあるのは、ちゃんと手術している猫のみ。



犬ってどうなんだ?って思うんだけれども、


現在住んでいる、このペット可の家に引っ越してきて、


あまりの犬くささに最初、びっくりしたもので、


犬の匂いって取れないんだなぁ・・・・と思ったし、


あとは、吼えると、近隣のトラブルになるんじゃないかと。


最初から、猫のみなんだから、何とか説得してくれないかとTハウスの担当者にお願いする。


しかし、なんと・・・・・



実は、Tハウスさんに話を持ってきた客付け業者さん(不動産屋は横のつながり)


「猫もいいなら、犬もいいはず」って勝手に話を作り替えていたらしい・・・。


(通常のペット可の場合、ほぼ小型犬のみ可、猫不可がほとんどです)


まさかの事態に唖然・・・・・


新婚さんも、強気で「家賃が上がってもいいから犬が飼いたい」の一点張り。



困った。ゥ──σ(・´ω・`;)──ン


せっかく決めた店子なのに、また逃げられても困る・・・。


Tハウスの担当者も、「申し訳ないが何とか折れてくれないかと」



悩んだ挙句、折衷案として、家賃は5000円アップ。


出たときに、もし匂いがついていたら匂いのクリーニングも店子もち。


という条件で、納得してもらうことに。



その翌日・・・・・・


ありえないが、いきなりキャンセルされました・・・・・。



客付け業者の適当な判断で、散々振り回された挙句のドタキャン。


契約書作成の前日のことでした。



にほんブログ村 住まいブログへ ←押してみてはいかがかと

category:   大家の仕事

tb: 0   cm: 7

賃貸の決定が後の悲劇を  

売りに傾いた気持ち、新居を夢見た1週間・・・。


あんなに店子が決まらなくて悩んだ挙句、


売ろうと決意したって言うのに・・・


何でこのタイミングで、2件も申し込みが!?


普通にありえないんですが。(゚∀゚ ;)タラー



もう、自分の判断では決められず、旦那に相談。


今すぐの新居購入に二の足を踏んでいた旦那は、


あっけなく賃貸を選択しました。


まぁ、収入があるならそれでもいいわけでして。。。



賃貸は即返事をしなくてはいけないですから、すぐにO不動産に電話。


「えっ!!そんな!賃貸が決まりそうなんですか?


実は明日、以前見えたお客さんのほかにも、3組の内覧申し込みが入っているんです。」


まじっすか・・・・(-_-;)



まったく自分で決められない状態に逆戻り。


で、旦那に相談。


じゃ、翌日の内覧で売れたらそれも良し、売れなかったら賃貸で。


という事になり、後はO不動産の力量に任せることとなる。




結果から言うと、日曜日一日の内覧では売れませんでした。


売り出した初日ということもあり、見にこられた方は、


も少しほかも見て見たい。という感じだったらしい。



というわけで、マンション売って家を買うぞ計画は内覧一日で中止。



後は、2件申し込みのある店子、どちらを選ぶかだ。


一組は、「どうしても入りたい!もう今月で現在住んでいる部屋を解約している」という新婚さん。


新郎さんは、有名企業にお勤めでかなりの年収。


もう一人は病院勤務。保証人は医院経営のお父様というご夫婦。



またしても決められない・・・・・。


ただ、今回の場合不動産やさんの力の入れ方が違った。


Tハウスさんは「絶対に契約するといっています。お願いします。


手付け打ってもいいって言ってます」


(手付けって、今は、やってはいけないらしいんですがね・・・)


Mハウスさんは「まぁそういう状況でしたら、そちらでもかまいませんよ。


わたしはまだお客さんに直接あっていませんので。」



その空気感の違いから、前者の新婚さんを選んだ。








その選択が後に私を奈落の底に突き落とすことになろうとは・・・。




にほんブログ村 住まいブログへ ←押してみてくだされ

category:   不動産

tb: 0   cm: 2

不動産の信用基準ってなんだ?  

もやっとしながらも、売りに出してしまっってからは、

気持ち的には、売りに傾いていく毎日。

新しい家の購入にもワクワクし始めるw

設計の仕事をしているもんだから、図面が描けたりするので、

イメージを膨らませ、中古や新築住宅を眺めては、

資料請求なんかしてみる。

なんだかんだ言って思いっきり、楽しんでますやんww


資料請求に「マンションが売れたら買い替えの予定」と書きましたら、

どの業者さんも「じゃ、売りもうちに!!買いも探しますから!」

と連日のようにお願いが来ます。


とはいえ、もうO不動産で頼んでしまってますからね。



積極的な業者だと、

「そちらはキャンセルして、うちと再契約を!」

と言い出す人もいる。



そんな中、色々と勉強にもなりましてん。

一度、専任契約を結んだ場合、

こちらが、他業者と再契約を結ぶからと言って、契約を破棄することは出来ない。

もしどうしてもほか業者で契約したければ、一回売り自体をやめることにしないといけない。

まぁ、当たり前のことですが。




そのほかにも、O不動産は店子付の部屋について、

もし、「店子付で売れなかったら、出てもらうために立ち退き料を払えばいい。」

と、いかにも簡単なように説明していましたが、

やはり、ことはそう簡単ではなかったようでして。

こちらから、賃貸契約を解除する場合は、

半年前の告知。

そして、その理由は、家主が住むから。と言う理由でしかダメなんだとか。

売りたいからってのは、理由として認められいないのだ。

だから、いかに半年前に告知して、引越し代を出そうと言っても、

店子がいやだと言えば出てくれないってことになる。

売り物件を集めるために、O不動産は「超簡単です」って説明したんだね~。

ゴールデンウィークに、かなり売りの市場が活発で、

中古売り物件が相当はけたらしく、どの業者も物件不足なんだそうだ。




さて、、先週見に来てくれたお客さんが、 再度見に来るという前日の土曜日。

私たちは、旦那の実家の梅狩りに借り出されていまして。

終日留守にしていたわけです。

夜、家に帰ってびっくり仰天の事態が待っていました。



留守電にMハウスから「賃貸のお部屋に申し込みがありました。明日ご連絡します。」と・・・

そして・・・・・・

Tハウスさんからファックスにて入居申し込みが送られてきていました。




まさかの事態!!

何でこうなるのよ!?。・゚・(ノД`)・゚・。

完全に気持ちは売りに傾いていた私・・・。

どうしたらいいんだ??



にほんブログ村 住まいブログへ ←プッシュ!?

category:   不動産売却

tb: 0   cm: 2

売りに出していいものか?  

思い立って2日で売りに出すことになったマンション。

しかし、心のどこかで迷いがある。

もし、店子さえ付けば、年間ある程度の収入源になる。

家を買おうと思わなければ、特にまとまったお金が必要というわけでもなく・・・

そんな気持ちを察してか、

O不動産の担当者は、

「賃貸も募集して、先に決まったほうにすればいいじゃないですか」

どうやら、O不動産の人は、あっという間に売れると踏んでいるらしい。


そううまく行くなら、どっちに転んでもいい。


ただ、気になったのは、

どたばたで専任契約を結んでしまったが、

その際に、専任専売、専任、一般と3種類の契約があることを、

一切説明しなかったO不動産。



違いはというと、

専任専売:契約を結んだ一社のみが扱える。オーナーが連れてきた客もNG

専任:3ヶ月間、契約を結んだ一社のみが扱えるが、オーナーの知り合いや紹介もオッケー

一般:どの会社が扱ってもいい。


簡単に言うとこんな感じ。



じゃ、どれがいいの?っていうと専任専売のメリットはよくわからん。

専任と、一般の違いは、



専任:一社のみが扱えるので、安心してお金をかけて宣伝広告が出来る。
   が、窓口は一社のみとなる。
   時間がかかっても、高く売りたい人向き。

一般:いつどの業者で契約が決まるかわからないため、
    不動産屋がお金や時間をかけて宣伝してくれない。
    しかし、窓口は広くなる。
    安くてもいいから、早く売りたい人向き



ということらしい。


うちが結んだのは、専任契約。

売りの場合、もっとも一般的な契約法で問題は無い。

問題なのは、契約種類の説明の義務をはたさなかったことだ。

うーーーむ。

ドサクサとはいえ、ちょっと不信感が無いわけでもない。

まだ売りなのか、貸しなのか、気持ちもぐらついていたし・・・


また、一軒には店子が付いている。

O不動産は、店子付物件は今のご時勢「売れない!」ときっぱり。

はなから売る気は無いようなのだ。

私としては、一軒だけ売れたとしても、

そのお金の使い道が無いし・・・(家を買うには足りない)

2軒とも売れて、初めて「次どうしよう?」って思えるわけで。

その2点のみ、ちょっと複雑なまま、物事は進行していく。



さて、売り出してから4日目。

O不動産から早速電話がある。

「今日、案内したお客さんが、気に入ってくれて、週末に旦那さんを連れて見に来ます」

おーー!!

仕事、速いじゃないか!

自信満々なだけのことはあるね。

これで決まってくれたら、後は、店子付物件をどうするかな?


などと、都合のいいほうに考え始めるのである。

売りに出して、1週間後の日曜日。

またまた事態は変化する。




にほんブログ村 住まいブログへ ←押してみる!?

category:   不動産売却

tb: 0   cm: 0

値上がりした?  

さて、次回からの続き。

N不動産で無料査定を受けたところから。



場所や、築年数、間取りやら、色々アンケートに答え、

売りたい希望額を書く。

値下がりしているだろうけど、一応買ったときの値段を書いてみる。( ̄m ̄*)



それから10日ほどで見積もりが送られてきた。

無料査定の割りに、きちんと市場調査をして、

最近のこの周辺の取引から、出してくれた金額を見てびっくり!!

なんと、買ったときから500万も上がっているではないか!!

しかも、それが、市場の基本となる値段だと言う。

基本となる値段とは、一応最安値だと思っていただければよい。

売りに出す場合、それより200~300万くらい高めに出して、

運がよければ買い手が付く。という仕組みらしい。

3ヶ月売れなければ、市場価格で売り切るというのが流れなんだそうだ。



うぇ!?(´゚∀゚`;)まじすか!?

上がっているとは思いもせずにいたので、いきなりテンション高Max!!

旦那に「私をほめろ!」攻撃出しまくるw

そこで、一気に売りムードが高まるわけだが、

万が一、N不動産が出した査定が、自分のところで引き受けるための値段だったら・・・?

ちょっとした不安から、以前から声を掛けてくれていたO不動産にも聞いてみる。

O不動産は現在も、この同じマンション内の売りを扱っていて、

もし、うちがその部屋よりも安く出したら、売り切る自信がある!というのだ。

しかもその値段が、N不動産より高かった。

しかもしかも、話をした、翌々日に他の部屋の内覧があり、

一緒に見せてはどうかと。



話が急展開でついていけてないんだけど、

あっというまに契約書を作成して、売りのお願いをすることになる。

売ろうかな~?と思ってから、たった2日の出来事でございます。

category:   不動産売却

tb: 0   cm: 1

店子が決まらない  

3年半ほど前に事務所用にと購入した2軒のマンション。


本当は一軒でよかったのだけれども、


店子が付いているもう一軒も同時に買ってくださいという物件がありまして、


「えー、一軒でいいんだけど・・・」


と思いつつも、なんだか買えそうな値段だったので、


一軒は投資物件として購入してみた。


それから、色々考えたものの、


自分が使っていたら収入は無いので。


自宅に仕事場を移し、両方とも貸しに出してみた。



2物件なので、両方入れば結構な収入になるわけでして。


ちょっとこじゃれたマンションなので、人気も多く今まで空くことがなかった。


でも、長く住んでくれた一軒の店子が一月に退室。


出して即、公務員と言う太鼓判のお客の申し込みがありまして、


こりゃいいやと思ったものの、公務員さん移動になったため通えないと言うことで、


契約書作成の真直前にキャンセル・・・・。


しかし、広告出して1週間でこの反応。


これから転勤シーズンだしと楽観視していたら、


まったく申し込みがない・・・・・


そして、一軒は店子が決まらないまま、半年が経過してしまった・・・。


その間いろんな出来事があり。


無能な不動産やを切り捨てたり、家賃を下げてみたりと動く。


もちろん人気の物件なので、申し込みが無いわけではない。


この半年に、たくさん申し込みがあったのだ。


それなのに・・・・・・


なんだかんだと、最後の最後で逃げられてしまい、制約にいたらず。


なぜかというと、隣の駅で大々的な開発が行われ、


賃貸市場の供給が急激に増えたのだ。


賃貸の場合は、選びたい放題になってしまったというわけだ。


こうなると、後は店子争奪の値引き合戦になる。



頭の痛い状況・・・・・。


もっているだけで、年間40万の経費がかかるのだ。



実は、今年の春頃から、O不動産と言う会社が、


「売りませんか?」


とアプローチを仕掛けてきていた。


ただ、春の頃はうちは人気物件なので決まると踏んでいたので、


余裕ぶっこいてましてん。


それが、2月、3月、4月・・・・5月!?(;´・ω・)


賃貸の不動産屋の対応にも嫌気が差し、


4回も申し込みがあったのに、すべてドタキャンと言ういやな思いから、


いっそ手放してしまおうかとうつうつ悩んでいたところ・・・



「まずはネットで無料査定でポイントゲット」



と言ううたい文句が目に飛び込んでくる。


宅ファイル便の広告なんだけど、欲している人には役に立つんだね~ww



その広告により、


N不動産に、簡易見積もりをお願いすることになる。



自体はここから急展開することになる。

category:   不動産売却

tb: 0   cm: 0

心機一転不動産日記  

ちょっと放置が続きましたが・・・・(´-∀-`;)


心機一転、不動産売買の記録でも書こうかと思い立ちました!!

ちゅうか、不動産売買って、ものすごいエネルギーを消耗します。


考えをまとめるためだったり、


冷静に読み直してみるためだったり。


というわけで、マンション2軒売り飛ばして、


終の棲家を買うかもしれない話。


書くぞ!!

category:   不動産

tb: 0   cm: 0

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

▲ Pagetop