FC2ブログ
田舎暮らし de 東京仕事 ホーム »
最近の記事

ちょび氏の最後  

早いもので、ちょび氏が旅立ってからもう一月経ちました。

まだ泣かない日はないし、眠れないけど。

大きな喪失感の穴は簡単には埋まりませんね。


 


4月3日~4月5日までの病院での手当の甲斐もなく、

数値はどんどん上昇

BUN 200越え CRE 13.4




先生はこの毛並み、この体重、この顔でこの数字が信じられないという。

生きているのが不思議だという数値なのに、

ついこの前まで、自分でご飯食べていたんですよ・・・・・。


末期の腎不全だと、そのうちに尿毒症になり、

食べることはできず、吐き気と衰弱を見ることになる。


ただ、私はまだちょび氏との別れの決心がつかず、

4月7日より必死の介護が始まります。


補液は毎日150mlに変更。

食事はシリンジでの強制給餌。

水も飲めないので、シリンジで電解質サポートと

タンポポ茶をブレンドしたものを、同じくシリンジであげていました。

毎回量を記録して、体に入った水分と栄養と、

ちょび氏の場合圧迫排尿なので、出た尿の量も記録。


190526-1.jpg

一回の食べる量や飲む量を少なくして、できるだけ胃に負担がかからないように、

強制給餌は一日に5回くらい、水は5~6回に分けてやってました。


4月10日

体重が5.4キロまで落ちましたが、

このころから自ら水を飲むようになって前進!


4月11日

シリンジの強制給餌はやめて、

今まで通り、退院サポをお口にIN方式の強制給餌に変更。

免疫力の低下で、お口の中が口内炎でドロドロになっていたので、

抗生物質の投与も開始。


それが良かったのか???


朝、枕を叩いてご飯を所望!!

奇跡だ!!!

無一物のスープ仕立てを持ってくると、少しだけ自力で食べました!

うれしい!!!

シリンジでの強制給餌だと、一日80gが限界でしたが、

このころから退院サポを100~頑張れば150g位食べられるようになる。


4月12日には体重が5.12まで減りましたが、

そこから5日後には体重が5.45まで回復。


4月13日から2日間。

朝の空腹時の排尿でお腹を押すと吐き気がするようになる。

ので、空腹時は避け、食後落ち着いてから排尿することにした。


どんどん回復していくちょび氏。

朝の枕たたきがこんなにうれしい事とは。

少しでも自力で食べたいという気持ちがあれば戦える!


4月19日には、好きだったドライも口にするようになる。

これはいい兆候。

強制給餌量を減らして、自力で食べられるようにしてみよう。


4月23日、気になることが・・・・・

体重が5.55㌔まで上昇。お腹に張りがある。

排尿量はいつもと変わらず。

腹水の可能性無いか??


翌24日病院で検査の結果、

腹水ではなく、腸が多少腫れているだけとのこと。

肺にフォーカスした写真ではなかったけど、肺も異常なしと。


それよりも驚いたのは、

BUNが200越えから100.8

CREは13.4から2.7に!!


まさかの腎不全末期を脱出している!!

BUNは補液を毎日にした効果。

CREはプロネフラを使い始めた効果とみられます!!!

そうは言いましてもまだまだ普通じゃない数値ですから、

もう少し頑張ろう。


 


 


 


 


と思っていた矢先のことでした。


25日、少し呼吸が荒い。





明日から旦那は出張。

何かあってからでは遅いので、即病院に。

しかしGW前とあって病院は大混雑。

11時にお預けして、高濃度酸素室に入れてもらい、

診察してもらったのが夕方5時でした。


5時半に病院から連絡があり、肺炎を起こしています。

このままでは返せないから今すぐ酸素室をレンタルしてくれと。

GW前の夕方5時半・・・・酸素室レンタルできる業者さんいろいろ当たるも、

どこも今は全部出払っていると。

一軒だけ2日後の土曜日なら貸せるという返事。

とにかくそれは確保して病院と相談。


病院では日中の酸素室の預かりはできるが、

夜間何かあっても対処できないから、

自宅にて診るようにと、救急の酸素ハウスを作ることになる。


段ボールに横になれるベッドを入れて、

かなり分厚いビニールでくるみ、

その口の先端に医療用の酸素ボンベの口を差し込む。

くるんだらもう触れないし撫でられない。

190526-6.jpg

不安がるちょび氏をビニール越しに見守るしかない。


酸素ボンベの量を見守りながらうつらうつら一晩を過ごす。

5時ごろちょび氏が苦しそうに泣くので酸素見たら0に近く、

慌てて2本目の移動用の酸素に切り替える!!

190526-8.jpg

ちょび氏落ち着いてくれた・・・・よかった・・・・・。

酸素ボンベなんて扱ったこと無いし、

厚が弱まると出る量も少なくなるって初めての体験。

この日の酸素量は2.5位。

朝病院が開くまでぎりぎりの量だった。


 


26日

この日から旦那が出張。

朝一で病院に預けに行く。

心配でお昼ごろ連絡すると、問題ないという。

昨日のボンベの酸素量を考えたらぎりぎりまで病院の酸素室にいてほしい。

病院のお迎えはボンベ持つ人とちょび氏を持つ人2人必要なので、

友人の殿ママさんに来てもらい手伝ってもらえた。

その日の先生は、「大丈夫~、今日は酸素量減らしてみても大事丈夫だったよ」と。


ベッドルームにちょび氏の酸素ハウスをセッティング。

なるべく落ち着けるよう暗くしておくが、

190526-7.jpg

昨日よりも辛そうだ・・・・・。

本当に大丈夫なのだろうか??

10時半ごろ旦那が連絡くれたときは、

なんとなく今晩が山かもしれないと泣きながら伝える。


11時過ぎだったろうか?


ガっ!!!という大きな声(音?)を出した。

苦しくて苦しくて出たくてしょうがない・・・・・。

しかしもう立ち上がれる感じではなく、起き上がるとそのまま倒れこむを繰り返す。

そんなに暴れると酸素の量が足りなくなる。

一瞬だけ酸素量を3に上げてみるも、まだ苦しそうだ。


困った!!

ここから出したら死んじゃう。

しかし酸素量をこれ以上上げたら朝まで持たない=死んじゃう。




こんな選択肢しかないのか・・・・・・・

明日になったらレンタルハウスが来るというのに・・・・・。


 


1~2分迷っていたら。


「ミュー」という甲高くか細い声が・・・・・・


 


 


背筋がぞわっとした。

ちょび氏が泣いたのか???


箱の中からちょび氏の真っ黒で見開いた目が私の目をじっと見て、

もう一回絞り出すように「みゅー」と泣いた。


 




もう普通に泣くことすらできないちょび氏。

その時決心して、震えながらボンベをつないでいるゴムを外しました。


 


箱からちょび氏を抱き上げ、ベッドに下す。

ちょび氏は満足げに横たわりました。


 


 


 


 


 


次の瞬間から、呼吸が出来ず苦しみだし、

のち息を引き取りました。


時間にしたら1分程度だったでしょうか?


私は「もう行っていい!苦しまなくていい!」って叫んでた。


 


 





しばらく抱いて撫でていたら現実に戻り、

明日朝、病院に連れて行くのも殿ママさんにお願いしていたと思い出し、

LINEで「明日の朝の予定はなくなった、ちょび氏逝きました」と連絡する。


したら「こんな日に一人なんて辛すぎる」

って深夜なのに車飛ばして泣きながらやってきてくれた。


その時、いろんな話をした。

病院の先生のこと、旦那のこと。

ちょび氏がどれだけ特別だったかとか、今、後悔していることとか。


 


それがどれだけありがたい事だったか、今ならわかる。

一人だったら後悔ばかりに押しつぶされていたかもしれない。

翌朝起きてみたら、ちょび氏とベッドを抱いたまま、服も着替えず眠っていたらしい。

どうやっていつ寝たのかも覚えてない・・・・・。




旦那は昨晩、連絡してきたとき、

「もし何かあっても伝えないで。何もしてあげられないし、

翌日の講演がボロボロになるかもしれないし」と。


だから何も知らずに翌日仕事を捲くって、2時間も早く帰ってきた。

ちょびは???

と聞いてきて、私が黙って洗面所の方に行ったときは慌てていた。、

(この日の一番涼しいところで、ほかの猫が入れないように廊下との間に扉がある)


そしてちょび氏に対面して絶句した。


 


昨晩、2択を一人で決めなくてはならず、苦しかったこと、

ちょび氏も最後苦しんだこと。でも、1分くらいだったこと。




旦那は何も言わず、うんうんとうなずいていました。




 


ちょび氏のお腹と顔とこに保冷剤を入れて、

お顔が優しくなってきたところで、ペットメモリアルパークに連絡する。




亡くなった翌日は土砂降りだった天気も、

数日後には見事な青空になって、晴天の中空に帰りました。

190526-5.jpg

メモリアルパークのおじさんは、

「なんてきれいな・・・眠っているようだね」と。

それくらい体重もしっかりあり、毛並みも良く本当に眠っているようなちょび氏でした。




しばらくは遺骨をちょび氏として受け入れられず、

写真にばかり話しかけていましたが、

今では遺骨にも話しかけられるようになってきました。


 


 


後悔はあります。

もっと早く酸素ハウスをレンタルしておけばよかった。

誤嚥性肺炎になってたった2日で旅立ってしまうとは思ってなかった。


腹膜炎かなぁ~と思って病院に連れて行く直前に、

誤嚥したらしく、えづいたのが原因と思われ、

病院に行かずにおとなしくしていたら、肺炎なんかにならなかった?


などなど考えたらきりがない。


そして、腎不全 は回復に向かっていたのに、肺炎を起こさせてしまったこと。

残念でなりません。

後から調べてみたら、誤嚥性肺炎の重症化になりやすいのが、

吐き戻す際の誤嚥。

今回は、昔からちょび氏がよくなる、しゃっくりのような咳のような、

そんなことが原因だったと思います。

元気な時だったらどうということもないけれども、

免疫力が落ちているときには致命傷になるんですね。


 


しばらくは、誤嚥性肺炎を起こしたきっかけに悔やみ、

早くから鼻チューブにした方が良かったのかと悔やみましたが、

殿ママさんの、お口に入れるまでは責任あるけど、

口の中以降のことは責任持てないからしょうがない!

って慰められてくよくよ考えるのをやめました。


 


それよりもこんな天使のような子を、私と出会わせてくれてありがとう!

初めての子がちょびだったから、こんなにも猫が好きになったのよ。

しま君もミカちゃんも銀ちゃんも、ちょびたが出会わせてくれた子。

そしてみんな受け入れてくれてありがとう。


 


そして3年前の心血栓で死にかけたのに、よく戻ってきてくれました。

それから3年半、濃密な時間を過ごせました。

190526-10.jpg

こんなにも介護させてくれる子もいないよって言うくらい協力的。

だから3年半も一緒にいられたんだよね。

ちょび氏と私のためにいただいた、延長に次ぐ延長だったかも。


 


 


まだまだ泣くし、眠れないしだけど、

今は仕事に集中するよう、頑張ってもがいています。

庭仕事も、いつものやる気を100とすると45位なんだけどw

それでも葉っぱも生きてるし。

育ててやらねばという気持ちも保つようにしています。


 


何より、他の子もいるし。

昨日はちょびたが帰ってきたのかなぁ~???


ミーとしまが、夜ニャースかニャースか泣いてました。

190526-9.jpg

私もふと、「あれ、ちょび氏?」って思うこともあったし。

やっぱまだいてくれるような気もする。

自由に走り回れるようになってたらいいなぁ~


 


自然と楽しい事だけ思う出せるように、

家の中中ちょび氏の写真を飾ってやろうと思ってましてw


 


190526-2.jpg

私の仕事部屋はほぼ完成。


190526-3.jpg

ここはまだ仮。


まだまだ次から次へと額縁が用意されております。


190526-4.jpg

 


って友人に言ったら「旦那さんよく文句言わないね~」と言われた。

あ、これって旦那が文句を言うようなことなんだねw

言われて初めて気が付いた。


うちの旦那も口には出さずとも寂しいのかも。

それか、鬱になられるくらいなら、好きにさせておこうとあきらめているか。


早く時間薬が効いてくるのを待つしかないですけどね。

ブログやっててよかったのは、

昔のちょび氏の楽しかったことなど、見ることができる。

時々、昔のちょび氏登場させようかなぁ~~


今日はこれ→タッチ&GO



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→かわいかったぁぁぁっぁ


 

スポンサーサイト

category:   猫 腎不全

tb: 0   cm: 2

しーろーあーりー!!??  

GW終わりましてからの~~


 


まだまだ情緒不安定なのにぃぃぃ


最近の情緒不安定度は、

週末の情熱大陸で、保護猫の番組やってて、

「よかったなぁ~」って泣いたりしてますねん。


 


 


なのに・・・なぜに私をそっとしておいてくれないのだよ!


 


 


 


 


 


 


シロアリめ!!ヽ(#`Д´)ノ


 


190513-1.jpg

というわけで、外でシロアリが大発生していまして。

190513-2.jpg


 


慌てて工務店さんに連絡。

うちの中の床下を調べていただきました。


幸、家の中は大丈夫だったんだけど・・・・・・。

外の枕木の家に近いところは全部撤去する方向で外構工事入ります。

で、今までシロアリ君たちが、「うめぇ~」と食っていた枕木が無くなると、

うちの中に入ってくる可能性もあるってことで、

消毒もやることになりまして・・・・・


 


 


 


 


お金に羽がぁぁぁぁぁ(´;д;`)


 


 


いや、マジで泣いている最中なんだけどね。

ほんと追い打ちをかけてくれますよね。


とはいえ、今はバリバリ働いている真っ最中。

年金暮らしになって「さぁやばいよ!」ってなる前でよかったよ。

ってことで、泣きながら仕事に邁進している毎日でございます。


今年はなんだか仕事の調子が良くて、

外構工事もどんとこい!な感じでして。

旦那が「どうしたらお金が貯まるんだ?」と聞いてくるので、


 


 


 


働け!


 


 


 


とアドバイスしておきました。

ちゃんと理解してくれるのを期待してます。


 


畑の方は、追加でオクラ、枝豆、バジルを種まき。

順調に芽が出てきてます~


しかし・・・・・・・・

大事に温室で育てていたマー坊ナスと福耳トウガラシが・・・・

外に出したとたんに、雹にやられ・・・・・

もしかしたら今年はダメなのかもな状態!(ノД`)・゜・。

生き残ってーーー!!


 


ちょび君の件もあって、全然手入れしていなかったイチゴが、


何ということでしょう!!

190513-5.jpg

あっちからもこっちからも大粒のが出来ているじゃぁありませんか!


 


なわけで、今年は鳥に食べられないように、

さっさと保護しておきました。


190513-3.jpg

 




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→イチゴ!えらいぞ!!



 


 


毎日毎日、少しずつ泣く時間が少なくなっているような感じです。


「病気の子どうした?」って聞かれると泣いちゃうんだけどね~

でも、最後の時のこと、考えると胸が苦しかったのが、

少しずつ「もう苦しまなくてよかったね。」と思えるようになってきました。

まだまだ書こうとすると泣けるので、もう少し待ってね。


190513-4.jpg

 


今はいろんな額縁を買ったりして、

ちょび氏の写真をばんばんプリントして、

家中、ちょび氏の写真だらけにしてやろうと悪だくみしてます。

忘れることはできないから、楽しい事を思い出そうと思ってます。


 


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→ミカはまだ探してるよ。


 

category:   外構

GW中は薪仕事、庭仕事  

皆様、暖かいお言葉をありがとうございました。


私はまだ受け入れがたく、文章としてちょびたのことを書くことができません。

皆様のお返事も泣きながら書いたような状態でして。

もう少し落ち着いたら書ける日も来るかと思います。


 


今はミカの心のケアも必要で、

夕方や夜になるとちょび氏を探してうろうろしては、

泣きながら私のところにやってくるような状態。

うちの女二人は、まだ全然あかん様です。


 


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→もう少し時間が必要です。


 


 


じっとしていたらいつまでも泣き暮らすばかりなので、

GWはひたすらに体を動かして、家のことをやっていました。


どうせ介護の予定だったので、どこにも出かける予定もありませんでしたし。


まずは、芝刈り、草むしり!!

190506-3.jpg

この時期はほっとくと大変なことになりますから~


 



里芋の芽出しがうまくいきましたので、


190506-1.jpg

去年ショウガをやったところに植え付けました。

190506-2.jpg

親株に期待してます!


 


キヌサヤは毎日うほうほ状態で、

190506-4.jpg

プランターでこんなにできるんだ!?って驚いてます。


 


新芽が折れたトマトも、なんだか復活して大きくなり始めた。


190506-5.jpg

 


 


腐葉土箱がさすがに7年目でボロボロになってきました。

190506-9.jpg

2個あったんだけど、去年の台風で一個は破壊され、

残っているこれも、もうグズグズな状態。


 


で、以前gerogeroさんが作っていたやつをうちでも作ってみた!


190506-8.jpg

稲作のトレイを4個つなぎ合わせ。


190506-10.jpg

2段作って完成~~

蓋を重くしないと台風で簡単に崩れそうだなぁ~

とは思うものの、今はいいか、その時考えよう。と後回し。





にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→枯葉入れないとね~


 


 


GWでないと出来ないのが腰の重い旦那を何とか働かせること。


とりあえず、ソーチェーンの目立てをしてあげたので、切れ味を確かめる。


190506-6.jpg

よく切れるようでよかったっす!w


で、桜の玉を全部やっつけまして、一日終了。


2日目はオープン薪棚で1年乾かしたものを、

棚に入れ変える作業。


190506-7.jpg

雨の当たらない環境で、もう一年乾かして、来シーズン焚きますよ。


2日がかりでの薪作業でくたくたになり。

温泉に行くとGWで町民の温泉は激混みで入れず、

近くの温泉に行くとバカみたいに高い1750円という料金設定でやめ!


帰る途中にあった出来立ての温泉に行きました。

そこも高いっちゃ高いんだけど。一人1200円

町民温泉にタダで入る気満々だったんだけど、

もう癒されたくて仕方ないので、いいや!と入りましたら、

宣伝してないのかガラガラで、のんびり漬かることができました。。


温泉の後にはミニストップの白桃バニラミックスソフトをペロッと。

痩せないわけだよ。


 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ→薪仕事が片付いてほっとしてます。



category: 未分類

逝きました  

ちょびた・・・・・


 


 


昨晩11時18分 虹の橋を渡りました。

享年 13歳と11か月


今は言葉になりません。


 


 


私に幸せな14年をくれて本当にありがとう。

190427-1.jpg


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→天国で再会したいよ


category:   猫 腎不全

夏野菜苗植え付け&補液大出血!  

4月ですけど・・・・・??(;´Д`)


 


暑い!!


夏日???!!!


 


そんなわけで、苗が届いてしまいまして・・・・・。


 


 


GWまで待たずに一気植えを敢行しました!


 


190422-5.jpg

トマトは大玉のパルト2苗とアイコ1苗


茄子は去年と同じ庄屋大長1苗


 


190422-6.jpg

きゅうりはナツスズミ


あとは鈴なりパプリカ カラフルミニパピー


名前がかわいらしいww


毎年同じラインナップになっちゃうんだけど、

久々にトウモロコシもやってみた。


190422-7.jpg

名前は「おおもの」って言うくらいなんでひそかに期待w


 


あとは、種から福耳トウガラシとマー坊ナス。

まだ種まきしてないけどオクラかなぁ~


 


里芋の芽はぐんぐん大きくなっているので、そろそろ地植えかな?

ショウガは週末に土づくりをしたので、GW中に植えます。


 


190422-9.jpg

キヌサヤもやっと花盛りになってきたので、

早く、どばーーーっと収穫したい。


ちょい心配なのは、大玉トマトのパルト。


1苗は元気いいし根も回っていましたが、

1苗は根も回っておらず、しかもどういうわけか新芽が折れた!!

「後ろに苗あるから気を付けてねっ」て旦那に言ったんだけど、


多分おケツで折ってしまったんだろうと・・・・。


 


「俺が見たときは折れてた」って言うんだけどね。

そりゃ、おケツには目がついてないからねぇ・・・・・。


190422-10.jpg

というわけで、セロテープで応急処置してますが、

根も回っていないことから、

大きくならんかったら新しい苗を入れかえるかも。

10日ほど様子見します。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ→連作だからなおさら心配。


 


 


やっちまった!!(;´Д`A ```


自宅皮下補液で一番注意しないといけないとこ。


血管を傷つけちゃった・・・・・。

(以下血の写真が出るので見たくない人は引き返して)


 


ちょび氏の場合、下半身まひなんで、

主に下半身に補液するんだけど。

最近げっそり脂肪が落ちたので、下半身は骨と皮。

なかなか皮下点滴の場所を探すのが難しい。


 


昨日はわりとさっくり入ったと思い、

出血の有無も簡単に確認してそのまま就寝。


 


今朝10時の排尿をしようと思ったら・・・・・


 


掛け布団とちょび氏のおむつが血の海!!(゚Д゚≡゚Д゚)

補液と一緒に血液が出たもんだから、

まだ血が止まっていないのかと思うくらいの出血。

血栓のお薬ジビリダモールを飲んでいるので、

なおさら血が止まらなかった様子。


 


190422-2.jpg

下半身が血まみれなので、血が止まっているのか止まっていないのかわからず、


とりあえず10分程度圧迫してからお湯で血糊をふきふき。

毛にこびりついた血液はなかなか落ちずに大変だった。

出かける予定の旦那も30分時間をずらしてくれて、

お湯とタオルのバケツリレー。


当然補液も流れ出た形跡があるんで、朝一また補液。

しかし下半身は避けて首にする。

さすがに痛がっていやがったけれども心を鬼にして・・・・・

皆さん、首にしているんだよね。えらいなぁ~~~(;´Д`)


 


幸にもちょび氏には異常はなかったらしく、

体が奇麗になってから、パウチの5g 退院サポを25g召し上がった。


 

190422-1.jpg

今日は日当たりのいい寝室でお休みしております。


 


ベッドルームの床はこんな感じで低反発マットが敷き詰められています。

ベッドから落ちても大丈夫なようにと、

冷たい所に行きたがっても、マットがあればそんなに寒くないだろうと。


最近明け方にパウチを少々と水を飲みに行くのですが、

そのまま放置していても自分からベッドに戻りたいと合図してくれるので安心。


まだまだ自力の食事量が戻らないので、強制給餌は続いてます。

やっぱ今は造血剤で一時的に良くなっているのかなあ・・・・・。


AIM製剤の件は、先生も調べてくれまして、

「今治験しているんだったら、5年くらいかかるんじゃないかなぁ~」と。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ→間に合ってほしいんだけどな!


 


190422-3.jpg

うちの小さいトトロww


 


後ろ足が体に埋まってるw

前足が小さいww


 


 


週末にタケちゃん池を掃除しまして。


今年は早くもタケちゃん別荘暮らしが始まります!

190422-8.jpg

今日もあったかくて日当たり良好!!


 


 


 


お約束通り、ソーチェーン研ぎました!


 


190422-4.jpg

私が!!ヽ(#`Д´)ノ


自分のSTIHLのチェーンを研いでたら、

旦那が自分のを持ってきたので、やるのかと思ったら・・・・


「やって」だと!!


 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ→ソーチェーン研ぎ、覚えてぇ~~



category:   家庭菜園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

▲ Pagetop